お得なセール

新しくなったDOSPARA

ロゴを刷新、名前も正式に「DOSPARA」に

2008年7月11日、DOSPARAのロゴマークが新しくなりました。かねてよりドスパラ公式ホームページでアナウンスされていたので多少興味を持っていました。

DOSPARAロゴ刷新を記念した「新ロゴお披露目セレモニー」なるものが、7月11日金曜日に、秋葉原にあるドスパラ秋葉原本店で開催されたようです。

今回のDOSPARAロゴ刷新に際して、最近注目を集めている環境問題に対するアプローチとして中古事業により力を入れ、その企業理念の旗印として店舗ロゴを変更したとのことです。

実際に新しくなったDOSPARA新ロゴマークは以下になります。

ドスパラの新しいロゴ

どうでしょうか?個人的にはまだ見慣れないためか、旧ロゴマークの方が好きですがなんだかんだで見慣れていけばこちらの方がシックリくるのかと思っています。

相対的に見なければこのロゴ自体は非常にイイと思います。なんか「マシン」って感じが良く出てますね。新生DOSPARAロゴに期待です。

先ほどの話の続きになりますが、このイベントではDOSPARAを運営するサードウェーブの尾崎健介社長の挨拶があったそうで、今後の展開について、やはり「中古事業」をより積極的に行い、あらゆるPCユーザーに対応できるようなラインナップを取り扱うことを宣言したそうです。

因みにDOSPARA系列の中古パソコン・AV機器買取販売店で「じゃんぱら」という、管理人もよくパーツとか売りに行く店舗が実はありまして、こちらは株式会社サードウェーブ エクスチェンジという会社が運営しています。

そのことからも、中古事業に関する土台はシッカリと固まっているという印象を受けます。また、過度なCO2を抑制させるための取り組みとして中古PCを積極的に回収し、環境問題に対する取り組みとしてDOSPARAのリユース(再利用)事業を活かしていくとのことです。

今後とも注目のDOSPARAです。