お得なセール

第4世代 Intel CPU【Haswell】搭載パソコン発表!!

第4世代 Intel CPU【Haswell】Core i シリーズ搭載パソコンラインアップを発表!!(2013年6月2日~)

第4世代 Intel CPU【Haswell】Core i シリーズ搭載パソコンラインアップを発表!!

遂に発表になりました!インテルの第4世代CPU、開発コードネームHaswellことCore i7、i5、i3シリーズ。現時点ではi7とi5シリーズから8製品のみとなっていますが、これからも続々と登場するでしょう。それと同時に発表されたのが、ドスパラの新CPU搭載モデルです。CPUの発売日に合わせてドスパラでは搭載PCのラインアップが通販ページで確認できました。

ドスパラ公式サイトへ

第4世代Intel Core iシリーズのラインアップとスペック表

まずは6月2日にリリースされたエンドユーザー向けの全ラインアップをご覧下さい。

型番 定格
(TB時)
コア
(スレッド)
キャッシュ 製造
プロセス
内臓
グラフィック
ソケット TDP
i7-4770K 3.5GHz
(3.9GHz)
4
(8)
8MB 22nm Intel HD 4600 LGA1150 84W
i7-4770 3.4GHz
(3.9GHz)
4
(8)
8MB 22nm Intel HD 4600 LGA1150 84W
i7-4770S 3.1GHz
(3.9GHz)
4
(8)
8MB 22nm Intel HD 4600 LGA1150 65W
i5-4670K 3.4GHz
(3.8GHz)
4
(4)
6MB 22nm Intel HD 4600 LGA1150 84W
i5-4670 3.4GHz
(3.8GHz)
4
(4)
6MB 22nm Intel HD 4600 LGA1150 84W
i5-4570 3.2GHz
(3.6GHz)
4
(4)
6MB 22nm Intel HD 4600 LGA1150 84W
i5-4570S 2.9GHz
(3.6GHz)
4
(4)
6MB 22nm Intel HD 4600 LGA1150 65W
i5-4430 3.0GHz
(3.2GHz)
4
(4)
6MB 22nm Intel HD 4600 LGA1150 84W

注目はIntel HD 4600です。実は今回の第4世代は、基本的なスペックについて、コア数、スレッド数、製造プロセス、キャッシュ、メモリ等については、第3世代【lvy Bridge】と同じです。違う点と言えば、内蔵グラフィックと、ソケット形状、対応チップセットくらいなのです。TDPについては全体的に上がっているという、結構これからの後続リリースと評価が気になる新CPUではあるのです。

とにもかくにも発信したからには、新しい流れで動きだすのがパソコン業界。ドスパラではゲーミングモデル、デスクトップタワーあたりを中心に、Haswell搭載モデルを前面に押し出していますね。それぞれのラインアップについては商品紹介ページからどうぞ。

ガレリアのデスクトップ、Haswell搭載モデルはこちら

ドスパラのデスクトップタワー型、Haswell搭載モデルはこちら

Intel HD 4600 と拡張命令AVX2 について

今回の第4世代Intel Core iシリーズの注目は前述もしましたが、内臓グラフィックスのグレードアップ、Intel HD 4000 → Intel HD 4600 と拡張命令AVX2の追加による処理効率向上です。AVX2の詳しい話はコチラに譲るとして、ざっくりと以下の3つについて性能向上が実現しています。

内臓GPUのグレードアップで、簡単なゲームならグラフィックボード要らず!

例えば第2世代Core i7-2700Kと同クロックの第4世代Core i7-4770Kを、新生FF14のペンチマーク(1280×720pix、高品質設定)で比較した場合、約1.8倍のスコアを出せるようです。

Core i7-2700K Core i7-4770K
1546? 2775

もちろんFFとかは絶対に無理なんですが、ボードゲームとかクイズその他の軽めのゲームであれば全然内蔵グラフィックで十分な数字です。

VVX2によってRAW現像の処理が高速化!4K動画編集でも効果を発揮!

これも分かりやすく第2世代Core i7-2700Kとの比較ですが、RAW現像ソフト「SILKYPIX」で100枚のRAW画像を最高画質設定のJPGでノイズ除去フィルターかけ書き出しをした所、i7-2700よりも25秒早く処理ができるそうです。これで更に歪み補正などを加えれば、その差は顕著になるでしょう。

また、4K動画(横4,000×縦2,000前後の解像度に対応した映像)編集でも差が出ます。こちらは動画編集ソフト「PowerDirector 11」における検証ですが、AVX2を使用するポップアップアートというフィルターを利用し、4K動画をフルHDのH・264形式に変換した所、Core i7-4770Kでの処理時間は12分45秒で、Core i7-2700Kと比較すると2分以上の短縮が実現しました。

以上、Intel HD 4600の性能についてフォーカスした内容を書いてきましたが、こういった性能アップにメリットを感じるのであれば、是非新しい第4世代CPUのパワーを体感できるドスパラ搭載モデルをゲットしてみて下さい。

ガレリアのデスクトップ、Haswell搭載モデルはこちら

ドスパラのデスクトップタワー型、Haswell搭載モデルはこちら