お得なセール

デジタルカメラ

デジタルカメラデジタルカメラはその便利さ (撮影した画像をその場で確認できる、手軽に管理・編集できる、コンビニなどですぐプリントアウトできる、…など。)から、年々普及し続けています。

小型化・軽量化も進み、街でデジカメを携帯している人を沢山見かけるようになりました。機能もかなり充実し、細かな設定も可能になっています。

デジタルカメラは大別すると「コンパクトカメラ」と「一眼レフカメラ」とがあります。

コンパクトカメラとは読んで字の通りコンパクトなカメラのことです。カメラのレンズが作り付けになっていて交換できませんが、薄くて携帯しやすいのが特徴です。一般ユーザーは概ねコンパクトカメラを購入していますね。

最近は超薄型のコンパクトデジカメが普及したことにより、その携帯性と扱い易さから女性に人気です。携帯電話に付いているカメラ機能の他にも、コンパクトデジカメをとりあえず一つは持っている女性ユーザーは大変多いらしく、企業側も宣伝で起用するタレントは女性に人気の人が多いらしいです。(海老ちゃんとか。)

対して一眼レフカメラは、本来レンズに写る被写体そのままにファインダー(のぞき窓)で見れること、レンズの交換やファインダーの取り付け、「シャッタースピード」や「露出」など高度な調整が可能な多機能カメラです。

こちらは写真にこだわりを持っている人、セミプロの方やハイアマチュアの方に人気です。 ひと昔前とは違い、今は携帯電話のカメラでも500万画素数を誇るものや、コンパクトカメラでも1,000万画素数を超えるものが出てきていますので、普通のサービス版(Lサイズ)程度の大きさで写真を楽しむ程度であれば何ら問題ありません。

以下、デジカメを選ぶ際にポイントとなる部分を解説しておきますので、是非参考にしてみて下さい。

画素数

デジタルカメラの多くはCCD(電荷結合素子)という半導体素子を使って、外部の光をデジタル信号に変換して記録する仕組みになっています。

この半導体の数が画素数で、デジカメの性能を謳う上で一番重要視されている傾向があります。デジタル画像は、ごく小さな点が整然と無数に集まり表現されています。

なので半導体が多くなればなる程点も多くなり、きめ細かな画像になるわけです。1,000万画素のカメラというのはつまり、1,000万個の素子(点)で画像を構成しているカメラ、と言えます。

記録メディア

デジカメの画像は、撮影した段階ですぐに記録メディアに保存される仕組みになっています。厳密に言うと、記録メディアが無くてもデジカメ本体で確保しているデータ保存領域に撮影画像は保存されますが、容量が小さいためやはり記録メディア無しでは使い勝手が悪いです。

記録メディアは実に様々な種類が発売されていて、デジタルカメラの製造メーカーごとに採用している記録メディアに違いがあります。 最も、このような状況はユーザーにとっては歯がゆい以外の何者でもなく、いっそのこと一つに統一して欲しい限りではないかと思いますが、仕方ありません。

購入の際にちょっとチェックしておくと良いと思うのが、「自分の持っている携帯で使用している記録メディア」と「購入を考えているデジタルカメラが採用している記録メディア」が同じかどうか、かと思います。もし同じならある程度使いまわしができて便利かもしれません。

以下、記録メディアの主なものをまとめてみました。

SDカード コンパクトフラッシュ スマートメディア メモリースティック メモリースティックDuo
SDカード コンパクトフラッシュ スマートメディア メモリースティック メモリースティックDuo
miniSDカード microSDカード XDピクチャーカード マルチメディアカード マイクロロライブ
miniSDカード microSDカード XDピクチャーカード マルチメディアカード マイクロロライブ

その他「メモリースティックPro」など、これらの記録メディアから派生した商品も幾つかあります。

光学ズームとデジタルズーム

TVコマーシャルやデジタルカメラのスペック表などで、「光学ズーム3.0倍」や「デジタルズーム4.0倍」といった表記がありますが、これはどういった意味でしょうか?両方ともズームの機能ですが、実はお互いの機能は大きく違います。

光学ズームは、倍率の違うレンズを組み合わせることで色々な大きさに画像を変化させることの出来るズーム機能のことです。CCDとレンズの間の焦点距離を変化させることによって広角・望遠を切り替える方式のことです。

ポイントは画質はレンズの性能にのみ依存するので画像の劣化は発生しない、ということです。 デジタルズームは、その言葉とは裏腹に実は単純で大雑把な技術です。デジタルズームは、写真データの一部を切り取ってデータで拡大しているだけなのです。

レンズの性能に関係なく画像は劣化してしまいます。用途や目的によっては便利な機能ですが、この事実を理解した上で利用しましょう。

デジタルカメラの追加(カスタマイズ)購入方法

まずは Diginnos シリーズからお好きなモデルを選択し、カスタマイズ・お見積もりボタン をクリックし、カスタマイズ・お見積りページへ進みます。

カスタマイズ画面(※ドスパラ公式サイトより)

カスタマイズ画面を下り、「●周辺機器」項目がありますのでここから「デジタルカメラ」」を探します。かなり下の方にあるかと思います。

カスタマイズ画面(※ドスパラ公式サイトより)

上の画面のように「デジタルカメラ」の項目の画面右にある「選択/変更」ボタンをクリックします。 すると別ウィンドウが開き、各種デジタルカメラが選択できるようになります。