お得なセール

HDD (ハードディスクの追加)

ドスパラのカスタマイズで追加できるHDD (※2013年6月時点)
メーカー名不明 SEAGATE (シーゲート)
ドスパラのカスタマイズで追加できるSSD (※2013年6月時点)
SanDisk (サンディスク) Crucial (クルーシャル) Plextor (プレクスター)
Samsung (サムスン電子) Intel (インテル) CFD (シーエフディー)

3.5インチドライブベイドスパラ公式サイトを確認すると、ハードディスクの追加というカスタマイズは、現在はSSDも選択できるようになっています。要は、メインドライブ(システム用Cドライブ)以外のストレージを、購入時に追加で搭載しておくかどうか?という選択になります。

HDD、SSDそれぞれの選び方・基礎知識・スペックの見方については、HDDの項SSDの項を参考にして下さい。基本的に選べるメーカーに関しては一緒です。ここではHDD、SSDを追加する際の注意点について解説します。

あとから幾らでも追加ができるという事

まずはじめに声を大にして言いたいのが、HDD、SSDの追加(増設)は、後からいくらでも出来ます。しかも、ドスパラでは上記の表のようない選べるメーカーを種類が決まっていますが、普通にAmazonや価格.comで調べて購入する場合は、自分が好きなものが最安値で手に入るという事です。

管理人としては、このカスタマイズにはほとんどメリットを感じていません。本当に面倒くさがりな人や、ドスパラの長期保証やその他の保証サービスに加入するので一緒に購入しておきたい、という場合を除いて、絶対に自分で最安値を調べて購入して、自分で取り付けた方がお得だと思われます。

HDDやSSDの取り付けなんて、ケースを開けて3.5インチのベイにネジで固定してSATAケーブルを差し込むだけの簡単な作業なので、初心者の方でも敷居が低い作業です。もし、そういった事事態もちょっと怖い…、という超初心者の方は、やはり見積もり時にカスタマイズすれば良いと思います。

管理人はHDDやSSDを新規で購入する時はネットでは価格.comにお世話になっています。

HDDやSSDを新規で購入する時はネットでは価格.com

ここでHDDとかSSDとか検索窓に入力すれば、それぞれの売れ筋ランキングや満足ランキングが出てきますから、そこのベスト3あたりから選んでいます。消耗品なので、あまり深くは考えていませんね。

実際にネットの最安値と比較してみた

カスタマイズで選ぶHDDと価格.com等で調べて最安値で買うHDD。実際にどれ位の価格差が生じるか?調べてみました。2013年6月時点での情報ですが、おおよその価格差の平均値が出ると思うので、やってみました。

ドスパラで選ぶHDD(SSD)とネット最安値で購入するHDD(SSD)の価格差

商品名 ドスパラのカスタマイズ 価格.com調べ
SEAGATE ST1000DM003 9,030円 5,866円
SEAGATE ST2000DM001 11,680円 7,540円
SEAGATE ST3000DM001 16,380円 11,050円
Samsung SSD 128GB 840 PRO 17,980円 11,681円
Samsung SSD 512GB 840 PRO 57,980円 44,070円

ここまで調べて止めました。どうですか?圧倒的な価格差ですよね?もしかしたら、秋葉原の激安パーツ屋でバルク品を探せば、さらに数千円安く手に入るかもしれません。この価格差なら、例え自分が初心者でも、自分で買って自分で取り付けるための勉強をしようと思いませんか?

ということで管理人としては、HDDやSSDの取り付け(増設)に関しては、敷居が超低いと思っているので、このカスタマイズには賛成していません。なるべくなら止めましょう!