お得なセール

パーティション分割

ドスパラのパーティション分割で割ける要領 (※2013年6月時点)
割き方 Cドライブ Dドライブ
2分割 100GB 残り全部
200GB
300GB
2等分 割合に希望がある場合、見積もり時に指定できる
3等分

パーティション分割は、注文するパソコンにHDDやSSDのストレージを1台しか搭載しない場合に必須のカスタマイズだと管理人は思っています。要は、1台のHDD(SSD)をさも複数台あるかのようにパソコンに認識させて使うことができるための処置がパーティション分割です。

パーティション分割

分かりやすく言えば、ひとつの大きな棚に仕切り版を挟んで2段、3段の収納スペースを作る行為です。この仕切り板を挟む行為は「パーティションを切る」と呼ばれます。因みにドスパラでパーティション分割をする場合、2,400円~3,000円程度掛かりますが、実はパーティション分割というのは、OSのインストール時などに簡単に設定できるものなので、正直ボッタクリ臭がしますね。

パーテンション分割するメリット

パーティション分割は、ドライブを分割して仕切るので、データの整理整頓がしやすくなる、というのは容易に想像が付きますが、それだけだったら単純にフォルダで管理すれば事足ります。当然整理整以外にもメリットが存在します。

Cドライブ以外にデータを保存すれば、OSを再インストールしてもデータが残る

例えば500GBのHDDをパーティション分割して、C…200GB、D…300GBとします。そしてCドライブにWindows 7をインストールします。これでパソコンを使い始めて、色々なデータを保存するようになりましたが、それらの全てをDドライブに保存しましまた。

ある日突然Windows7に不具合が起こって、何を試しても上手く動作しなくなりました。最終手段としてWindows7の再インストールとなりました…。この時Cドライブは一度フォーマットする必要がありますから、Cドライブの中のデータは全て消えます。これは仕方がないのですが、この時Dドライブに保存していたデータは無傷で済むので一安心という事になります。

アプリの作業用ドライブやキャッシュをCドライブ以外に設定すると動作が速くなる

管理人はPhotoshopというソフトを頻繁に使用するのですが、例えば画像などを開いて編集して…といった作業中には、通常CドライブにPhotoshopをインストールしていた場合、そのCドライブの中で一時データ(作業を円滑にするための保存データ)が保存されます。

この場合、インストール先、作業用、これらのドライブを同じにしていると、そのドライブの中で沢山の読み書きが行われるため、ドライブの容量を超える作業量が生まれやすくなり、処理が遅くなるという現象が起きます。そんな時は環境設定から作業用のドライブ(仮想記憶ディスク)をC以外の別のドライブに変更することで、動作が快適になります。

Photoshopの仮想記憶ディスク

これはPhotoshopにおける設定の例ですが、大抵のこういった編集ソフトには、作業用のドライブが指定できるようになっていますので、パーティション分割をしている場合、この設定を変更する事でパソコンのパフォーマンスが向上します。

個人用フォルダを全て別ドライブに移動することでデータをバックアップできる

上記のような設定は、Windows自体の設定変更の際にも役に立ちます。ディスクトップフォルダやマイピクチャ、マイビデオ、全ての個人用フォルダを別ドライブに設定しておけば、万が一Cドライブが駄目になっても、生き残ります。

やり方は、スタートボタンから「個人用フォルダ」を開きます。と同時に、別ドライブに移動先のフォルダを予め作っておきます。マイピクチャなら「Pictures」、マイビデオなら「Videos」とかにしておくと良いでしょう。そして、移動したいフォルダ(移動元)を右クリックして、プロパティを選択、移動先のフォルダ(予め作ったフォルダ)に移動すれば、別ドライブに移動します。

個人用フォルダを別ドライブに移動する!

これを個人用フォルダ全てに適用させてやれば、万が一OSの再インストールになった時でも、Dドライブに生き残っているという事です。

以上、この他にも色々なメリットがあり過ぎてキリがありません。パーティション分割はメリットしかないので、絶対におすすめです。ただしSSD128G一台とか、そういった容量でのパーティションはおすすめできません。この場合は単体で搭載しましょう。

また、当然ですが物理的故障の場合はデータは全て駄目になりますよ。(知り合いでパーティション分割したから大丈夫!って喜んでいたヤツが居たので…。)

パーティション分割でおすすめの容量は?

これは諸説あるのですが、管理人の見解としては、Windows7、Windows8 あたりなら、システムに128GBも割ければ、後はD(その他)ドライブにして良いと思います。因みにドスパラ基準でいくと、128という数字はないので、Cドライブ200GB+Dドライブ残り、になるでしょうか?

2013年の現状で言うと、デスクトップであれば安いモデルでも最低1TBは積んでいるので、残りドライブの容量は800GBにもなりますから、十分と言えます。

因みに、ドスパラでパーティション分割をする場合は以下の注意点・条件が存在します。これは2013年6月時点での文言です。都度都度変更があるのでチェックして下さい。

  • ① OSを選択した場合のみ
  • ② 16GBのメモリーを搭載する場合は64GB以上のパーティション領域の確保
  • ③ 32GBのメモリーを搭載する場合には100GB以上のパーティション領域を確保
  • ④ SSDのパーティション分割は不可

大量受注生産なので、小回りが利かないのは否めませんが、パーティション分割がさっぱり分からない、面倒くさい、という人はお金は掛かりますがドスパラで切ってもらうのも選択肢です。