お得なセール

マイドキュメントの保存先をDドライブに

Cドライブには余計な負荷をかけないのがベスト

この設定はまず、自分のパソコンに2つ以上ハードディスクを搭載しているか、パーティションで切ってProgram Files のあるCドライブと切り分けてる場合に有効な設定です。

そのような状況下で、普段何気なく写真データや動画を「マイドキュメント」に保存しているとしたら、後々のことを考えるとDドライブ(Program Files があるドライブとは別のドライブ)に移しておいた方が賢明です。

ハードディスクは頻繁にアクセスすると断片化が進行しやすくなります。Windows XP の初期設定では、ひとつのドライブにシステム、プログラム、データが一緒に保存されていきますので、この状態は、断片化と共にシステムやプログラムのパフォーマンスに悪い影響を与えてしまうのです。

そこでこの「マイドキュメント」をDドライブに移動しましょう。今現在使用中のパソコンでもすぐに行えますので、とりあえず今現在の「マイドキュメント」のデータ容量が移動先のドライブの空き容量を越えていないかチェックしておきましょう。

この設定を行うだけでCドライブはかなりスッキリしますし、パフォーマンスの低下も防げますので是非やってみて下さい。

やり方・方法

「スタート」メニューから「マイドキュメント」上で右クリック、「プロパティ」を選択します。

マイドキュメント上で右クリック

「マイ ドキュメントのプロパティ」画面の「ターゲット」タブから「移動」をクリックします。

マイ ドキュメントのプロパティ

すると「移動先の選択」ダイアログボックスが現れ移動先を指定できるようになっています。ローカルディスク(D)から移動先をフォルダを指定します。

移動先の選択

新たに作成したい場合は左下の「新しいフォルダの作成」ボタンを押し、好きな名前を付けましょう。この場合は「★My Documents」としました。(画面上)完了したら「OK」を押します。

★My Documentsに

すると一つ前の画面に戻ります。そこで「ターゲット フォルダの場所」が自分の指定したフォルダに変わっているか確認し、大丈夫であれば「適用」を押します。

以上で終了です。今度は「マイドキュメント」を開くといつもどおりファイルが表示されますが「Dおライブ」の中を参照している状態になります。