お得なセール

起動時のロゴを非表示にする

起動時間の短縮に繋がります

起動画面のロゴ起動の時に現れる「Windows XP」のロゴマーク。このロゴマークは特別な機能を果たしている訳ではないです。 このロゴマークの表示を消すことで、起動時間の短縮につながります。

非表示にするためにはパソコンのシステムに関わるファイルを書き換えることになりますが、とても簡単です。

パソコンを長い期間使用していると、アプリケーションやら何やらと色々積んでいくことでパソコンの起動時間が長くなっていきますので、ちょっとでも起動時間は短くしておいた方がいいですね。

やり方・方法

デスクトップにある「マイコンピューター」を右クリックしてメニューから「システムのプロパティ」をクリックします。

「マイコンピューター」を右クリックしてメニューから「システムのプロパティ」

「詳細設定」タブから「起動と回復」の箇所の「設定」ボタンを押します。「起動と回復」のダイアログボックスから「編集」ボタンをクリックします。

起動と回復

すると「boot.ini」というテキストファイルが開きます。テキストの一番最後に「/noguiboot」と入力します。

boot.ini

入力が終わったら「ファイル」から「上書き保存」を選択して「boot.ini」ファイルを上書き保存します。

boot.ini

上書きが終わったら全てのウィンドウを閉じます。試しに再起動をかけてみましょう。起動時のロゴマークの場面が省略されていますね。

これで完了です。元に戻したい場合は再度「boot.ini」を開き、先ほど記述した部分を削除して上書き保存すればオッケーです。