お得なセール

不要なWindowsのサービスを停止する

起動を速くできます

Windows XP ではパソコン起動すると自動的に起動する「サービス」というものがあります。普段はこの「サービス」を意識することはないかと思います。

このサービスの動作を止めることで常駐ソフトの停止が出来ると同時に、パソコンの起動を速くできます。また、そのことにより、メモリの空き容量を増やせるのでパソコンの安定感が増します。

やり方・方法

まずは「マイコンピューター」を右クリックしてメニューから「管理」をクリックします。

管理をクリック

「コンピューターの管理」画面が開きます。左下の「サービスとアプリケーション」の「+」の部分をプルダウンさせて「サービス」をクリックします。

コンピューターの管理

今度は右側を見ます。「サービス」の一覧が表示されますので、必要ないと思ったサービスはダブルクリックします。

(ローカル コンピュータ) Alerter のプロパティ

「(ローカル コンピュータ) Alerter のプロパティ」画面の真ん中「スタートアップの種類(E)」の箇所「自動」と書かれた箇所をプルダウンさせ、「無効」を選択し「OK」を押します。

これで「Alerter」というサービスが無効になりました。上の画面のように、サービスの説明文が表示されるので、そのサービスを良く読んで「自分に必要があるか無いか」を判断しましょう。

必要が無いと思われるサービス一覧

ここで紹介する一覧は、管理人が考える必要が無いと思われるサービス達です。参考にして頂ければと思いますが、不具合が起こった場合の責任は負いかねますので、ご了承下さい。

・Alerter ・ClipBook
・Distributed Link Tracking Client
・Error Responding Service
・Messenger ・Net Logon
・NetMeeting Remote Desktop Sharing
・Remote Registry
・Smart Card
・Telnet

・FAX (FAXを使わない場合)
・Messenger (ネットで複数のパソコンを管理しない場合)