お得なセール

マイドキュメントなどの個人用フォルダを別ドライブに移動する

Windowsをインストールする時、大抵の人はCドライブにすると思います。C以外にする理由はありませんからね。それで使い続けるのですが、例えばデスクトップ。デスクトップはとても便利ですから、ずぼらな人は、ここにファイルを置きまくると思います。

んで、気が付いたらなんか動作が重くなってきたとなったとしましょう。この時の原因はCドライブの容量不足です。そうです、デスクトップというのはCドライブを使用しているんです。他にもこういったものが沢山あります。データが溜まりやすいマイ ピクチャマイ ビデオ。これらも実はCドライブなんです。

個人用フォルダはCドライブを使用している

まあWindows7をインストールした直後に、勝手に別ドライブになってるなんてあり得ないので、当然と言えば当然ですが。とにかくこの個人用フォルダの設定を別ドライブに移動して、Cドライブをすっきり&動作安定させると同時にバックアップも兼ねてしまおう!という凄ワザなんです。

個人用フォルダを別ドライブに移動するやり方・方法

まず初めに前提条件として、この方法が有効なのはCドライブ以外に物理ドライブがもう1つある場合です。パーティションを切って別ドライブを作っている場合は、快適にする、というメリットは得られません。

バックアップに関しては、OS等の不具合による再インストール時にはバックアップが生きますが、ドライブが物理的故障をしてしまった場合はバックアップというメリットは享受できません。あしからず。それでは行ってみましょう!

マイドキュメントを別ドライブに移動してみよう!

まず最初に、別ドライブに移動先のフォルダを予め作っておきます。

別ドライブに移動先のフォルダを予め作る。

この時のドライブやフォルダ名は自分の好きなようにしていいです。管理人はDドライブの直下に「Documents」という分かりやすい名前で作成しました。

次に個人用フォルダからマイドキュメント見つけ、右クリックをしてメニューを表示させ、「プロパティ」をクリックします。個人用フォルダは、スタートボタンから右上にありますよ。

個人用フォルダは、スタートボタンから

から、

マイドキュメントを右クリック。プロパティを選択

マイドキュメントを右クリック。プロパティを選択します。そしたら次に開くマイドキュメントのプロパティから「場所」をクリックして移動をクリックします。

マイ ドキュメントのプロパティ

ここで、最初に別ドライブに作ったフォルダを指定してあげます。この場合はDドライブの「Documents」というフォルダを指定してあげます。

フォルダーの選択

再度マイドキュメントのプロパティダイアログに戻りますが、フォルダのURLが変わっています。確認したら「適用」→「OK」で終了です!

この調子で個人用フォルダ全部を移動しておこう!

このやり方で全てのフォルダを移動しておけば、Cドライブを酷使することが無くなるので、快適&動作安定、そしてデータのバックアップも同時に実現します。やっておかない手はありません。

ただ、アドレス帳とか保存したゲームとかは使っている人居ますかね?こういったデータが溜まりそうじゃないものが自分で分かるなら、面倒なのでそのままで良いと思いますよ。マイビデオやマイピクチャ、マイミュージック等はおすすめです。

アプリケーションによっては保存先&作業用フォルダをこれらのフォルダに初期設定でしてありますから、しらない内にCドライブの容量が少なくなっている…なんて事態が無くなります。