お得なセール

GALLERIA XF-SLI 採用 高機能ケース InWin GR one のスペック

GALLERIA XF-SLI のレビュー

ドスパラレビューの第3弾になりますが、今回は前回に引き続きドスパラのゲーミングブランド「ガレリア」から、エンドユーザー向けではもはや最強のGPU環境を手に入れることができる GALLERIA XF-SLI のレビューです。モデル名から分かるように、SLI接続なのですが、グラボはなんと!GTX 770です!この激アツパソコンはこれまた激アツケースの「InWin GR one」を採用しているので、超詳細にレビューをしていこうと思います。

InWin GR one はとにかく高機能!!でもゴッツイの難点?

待ちに待った感じで届いたGALLERIA XF-SLIですが、早速このモデルの最大の欠点が露呈する事となりました。このモデル…とにかくデカイ!デカ過ぎです。そして重い!重すぎです!これはもう仕方が無いのでですが、ちょっと華奢な人間が本体を取り出そうとすると一苦労ですし、頻繁に運んだりする予定がある場合はそれなりに覚悟が必要です。

これ、上のパソコンは、今管理人がメインで使用しているマシンですが、ケースはNINEHUNDRED TWO V3です。そして下のパソコンが今回のGALLERIA XF-SLIのケース「InWin GR one」ですが、まるでNINEHUNDREDが子供扱いです。NINEHUNDREDだって相当ごっついケースなんですが…。超ど級戦艦みたいですね。

InWin GR one の外観から

InWin GR one の外観

正面から。やっぱりごっついですが、壮観な眺めです。

フロントポートとLED電源ボタン、Silence/Turboボタン

フロントポートとLED電源ボタンです。そしてアツいのがこの「Silence/Turbo」のボタン。これはファンコントロールといってファンの回転数を調整できる機能が付いています!当然負荷がかかる場合はTurboで、特に余裕の時はSilenceですね。電源ボタンを挟んで反対側にあるのが、HDDアクセスLEDとリセットボタンになります。

EZ-Swapモジュール

そしてさらにこれ。「EZ-Swapモジュール」と呼ぶのですが、3.5インチ、2.5インチのSATAデバイスが装着できるのです。これは便利!ですね。外付けの薄型HDDなど重宝しそうです。

トップカバーの排気口

上面のトップカバーの排気口です。内部になかり余裕があるとは言え、やっぱりこれ位の設計になってないと、なんとなく不安ですね。

上の4つの丸いゴム

背面の様子です。上の4つの丸いゴム。これってどういう役割というか機能なんでしょうか…。すいませんちょっと分かりません。配線系で役に立つのでしょうか…?

クリアパネル

側面のパネルです。透明で中身が見える「クリアパネル」ってやつです。管理人はこのテのタイプが大好きです。NINEHUNDRED TWO V3 を持っているの理由の一つがコレですね。

背面のグラボの2枚差しの様子

背面のグラボの2枚差しの様子です。この背面の画を見てるだけでニヤけてきますね。(笑)

背面排気

背面排気のメインの穴です。185~206mmのCPUクーラーに対応しています。内部のファンついては後ほど紹介します。

フロントベゼル

前面です。ワンタッチで着脱可能なフィルタ付きのフロントベゼル(ベイの蓋)です。上背面にもあるこのメッシュ加工は廃熱を考慮しての設計です!イカス!

ケースサイドパネルを留めるネジ

背面の、ケースサイドパネルを留めるネジもごっついです。何から何までゴッツイのが、このInWin GR one の感想です。その分超高機能ですが!

InWin GR one のスペック

公式サイトからの抜粋になりますが、このケースに関してはスペックは知っておいて素敵な事が多いので是非チェックしておきましょう!因みにこのケースは本当に評価が高くて、数々の賞を受賞しているケースなのです!

InWin GR one

ケースサイズ フルタワー
ドライブベイ 外部 5.25 インチ × 3
内部 3.5 インチ × 8 or 2.5 インチ × 8
マザーボード E-ATX (12 インチ × 13 インチ) / ATX / Micro-ATX
電源 ATX 12V, PS2 またはEPS電源
拡張スロット PCI-E / PCI / AGP 拡張スロット × 8 (最大365mmまで対応)
フロントパネル USB 3.0 × 2 (内部コネクタ)
USB 2.0 × 2
HD/AC’97 Audio
ファン回転数コントローラ
上面ポート 3.5 インチ / 2.5 インチ SATA HDD EZ-Swap x 1
冷却システム
(冷却ファン)
120mm または140mm ファン × 最大10 台搭載可能
(取付箇所に よって搭載可能なファンは異なります。)
前部 120または140mm赤色LEDファン × 最大2台搭載可能
後部 120または140mmファン × 1台搭載可能
側面 120または140mmファン × 1台搭載可能
上面 120または140mmファン × 最大3台搭載可能
底部 120または140mmファン × 最大2台搭載可能
HDDケージ 120 or 140mm赤色LED HDDファン × 1台搭載可能
冷却システム
(水冷式)
上面 最大360mmの冷却ラジエター対応
底部 最大240mmの冷却ラジエター対応
(底部HDDケージの取り外しが必要)
後部 水冷用ホール搭載
サイズ 562 × 245 × 593mm

という事で続いてはワクワクのケース内部に侵入してみたいと思います!これが一番楽しい管理人です!

InWin GR one 内部に潜入!整然と並べられたGTX770×2その他!