お得なセール

一時ファイルの保存容量を小さくする

一時ファイルの保存容量を抑えることでブラウザの表示を早くしましょう

インターネットをしていると「IE」や「Sleipnir」などのブラウザソフトは、一度見たことのあるページを「一時ファイル」としてパソコン内に保存することをしています。

これは次の機会に同じページを開く時の為に取ってあるのです。ひと昔前の回線速度の場合、wwwサーバーから再度ダウンロードするよりも、自身のパソコン(ローカル)にアクセスした方が速かったためです。

しかし今や光回線などの高速回線が主流になっているので、昔のようにページの表示がゆっくりと遅い、というような状況は無くなってきています。 そうなると逆に一時ファイルが膨大すぎて、ローカルのデータを検索している方が時間が掛かってしまう、という様な場合も発生します。

なので光回線などの高速回線でインターネットを利用している場合は、一時ファイルが無くてもページ表示にストレスを感じることはありません。

一時ファイルの保存容量を抑えることでブラウザの表示を早くしましょう! まずは一旦溜まっている一時ファイルを削除する方法がコチラに紹介してありますので、削除が完了したら保存容量を小さくすることをおススメします。

やり方・方法

インターネットブラウザの「ツール」から「インターネットオプション」を選択します。

インターネットオプション

「インターネットオプション」画面の真ん中、「設定」をクリックします。

インターネットオプション

「設定」画面でまずは「ページを表示するごとに確認する(E)」にチェックを入れて「使用するディスク領域」のツマミを左に移動して、容量を小さくします。最後に「OK」を押して画面を閉じます。

設定

続いて「詳細設定」タブから「ブラウザを閉じたとき、[Temporary Internet Files]フォルダを空にする」にチェックを入れて「適用」→「OK」と押して画面を閉じます。

インターネットオプション

以上で完了です。